スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

子どもの成長とお金

子どもが誕生してから高校卒業までの間に必要となるお金が総務省の試算で明らかになりました。
いやー、こういうのを見てしまうと、子育てって楽じゃないなって思ってしまいます。

<子供公費負担>誕生から高校卒業1600万円 総務省試算
6月10日3時6分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070610-00000015-mai-pol

子供の誕生から高校卒業までに自治体が負担する額は平均1599万9000円にのぼることが9日、総務省の試算で明らかになった。内閣府が02年度に実施した「社会全体の子育て費用に関する調査研究」に基づいて試算。住民税の一部を出身自治体に納めることができる「ふるさと納税」の議論に活用していく方針だ。
 (1)保育や教育などのサービス提供(現物給付)(2)児童手当、育児休業給付など(現金給付)(3)扶養控除などによる減税分(支払い免除)――を算出して合算した。その結果、子供1人あたりの年間公費負担は、5歳までが62万6000円、6~11歳が100万2000円、12~14歳が103万8000円、15~17歳が103万9000円。これらを合計すると約1600万円となった。
 ふるさと納税を提唱する菅義偉総務相は「地方の首長から『将来をになう子供たちに高校卒業までに公費をかけるが、還元してもらおうと思うと子供たちは都会に出てしまう』との陳情を受ける」と語っている。総務省は生涯を通じた受益と負担のバランスという見地から新制度導入の必要性を裏付けるデータと位置づけたい考えだ。
 ただ、自治体関係者からも「子供たちの親が公費負担分に見合う納税義務を負っている」との指摘もあり、議論をスタートさせた「ふるさと納税研究会」(座長、島田晴雄・千葉商科大学長)は慎重に議論を進めるとみられる。【七井辰男】

最終更新:6月10日3時14分



この記事の中では、子育て費用のうち自治体がまかなってくれるのが1600万円にもなるって話なんですが。




この記事の元ネタを探してみると・・・ありました。

社会全体の子育て費用に関する調査研究 報告書概要 平成17年3月

この研究の目的として

こうした少子化の進展の状況を受けて、2003年に「少子化社会対策基本法」が議員立法により制定され、また「次世代育成支援対策推進法」が制定された。2004年には、基本法に基づいて、「少子化社会対策大綱」が定められた。この大綱は、わが国の人口が減少への転換期を迎えるこれからの5年程度において、国の最優先課題として、子どもが健康に育つ社会、子どもを生み、育てることに喜びを感じることができる社会を構築するために、政府全体として実施すべき集中的な取組を明示している。

2005年度からは、「子ども・子育て応援プラン」の着実な実施とともに、少子化社会対策大綱のフォローアップや各種少子化社会対策の推進状況を検証・評価していくことが求められている。

本研究は、少子化社会対策に関する政策の評価と今後の政策立案の一助として、わが国において社会全体として子育てにどれだけの費用がかかっているのかを明らかにすること――すなわち、子育ての総費用を推計することを目的とするものである。


なんて掲げられてますが、この結果をちまたの人が見たら、お金かかるじゃん~!社会は不安だし子ども作りたくな~い!なんてならなきゃいいんですが・・・

費用のざっくりした内訳をみると、公費負担と私費負担はだいたい半々のようです。つまり、家計のやりくりからもひとり1600万円くらいは捻出せねばならんということなのかも。

さてさて、じゃあなににそんなにお金がかかるんだいってとこなんですが、ほとんどは教育費と生活費の2つみたい。

じゃあ、他の国と比較してみると、

家庭政策支出の対GDP比を各国で比較すると、2001年について我が国の家庭政策支出は、アメリカより高いものの、ヨーロッパ諸国よりも低くなっている。

2001年の教育費支出の対GDP比は、ドイツに並ぶ水準であるが、公費負担の割合をみると他国よりも低い。


教育費のうち公費負担の割合はヨーロッパより悪いし、家庭政策支出もとても少ないです。アメリカはさておき。。。

大学卒業までに必要な「子どもにかかる」お金―親の時代とは大違い!大学卒業までに必要な「子どもにかかる」お金―親の時代とは大違い!

オレンジページ 2007-06
売り上げランキング : 105600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


教育貧民―減収増税時代でも減らない「教育費」事情教育貧民―減収増税時代でも減らない「教育費」事情
畠中 雅子

宝島社 2005-10
売り上げランキング : 178266
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


超・格差社会アメリカの真実超・格差社会アメリカの真実
小林 由美

日経BP社 2006-09-21
売り上げランキング : 471
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なんか、見習うべき国を間違えているような気がするんですが、気のせい??








関連記事
スポンサーサイト
    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. 2007/06/13(水) 02:42:32|
  2. ちょっと気になること|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

おお!

なんかズッシリくる話題ですねー。
わが家は子ども二人だから、・・・
ヒャーツッ!
親になるのは簡単だけれど、
育てるとなると負担がいろいろあるんですよねー。
なおかつ、放棄はできないわけで。
お互いがんばらねば、ね。
  1. 2007/06/13(水) 07:55:45 |
  2. URL |
  3. サミー #-
  4. [ 編集]

サミーさん、ども

ズッシリですねー^^;
我が家はエンゲル係数が高いと思うのでトータルの費用はものすごかったりしてw
  1. 2007/06/13(水) 19:51:18 |
  2. URL |
  3. やまもんき #34bJot8k
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoon.blog13.fc2.com/tb.php/170-844858c5

    人気ブログランキングに参加してます


    にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
    にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
    1日1回↑ポチっとしてちょ~♪
05月 « 2017年06月 » 07月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

News Topix

Wether


-天気予報コム- -FC2-

Profile

やまもんき

  • Author: やまもんき
  • 社会人やりながら通信制大学で心理学の勉強をしてました。今年はのんびり過ごします。
    近頃、家族療法とか短期療法が面白くなってます。

    バイク乗ってます。ウクレレ好きです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。