スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

謙遜と自尊心

日米中の3カ国で「自尊心」に関する心理テストを横断的に実施した結果、人種による大きな差が見られなかったようです。とかく自尊心が低いと見られがちだった日本人も評価の仕方を変えるとそうでもなかったということなんでしょうか?

卑屈じゃない!高かった「日本人の自尊心」
6月14日22時23分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000904-san-soci&kz=soci

謙遜(けんそん)はしていても、日本人の自尊心は米国人と同じくらい高い-。東京大学など日米の共同研究チームが最新の心理テストで日本人、米国人、中国人の潜在意識を測定したところ、日本人と米国人の自尊心の高さにほとんど差がないことが分かった。日本人に対する「自尊心がない」「卑屈」といった偏見解消につながりそうだ。米心理学協会の専門誌「サイコロジカル・サイエンス」(6月号)に論文が掲載される。

 謙遜を美徳とする文化に育った日本人は、自尊心を表明するのを避ける傾向がある。このため、「あなたは他人より優れていると思いますか」といった設問に答える従来の自己報告式の心理テストでは、日本人の自尊心は米国人より低いという結果が得られていた。

 東大大学院人文社会系研究科の山口勧教授は、大阪大、ハーバード大、ワシントン大などと共同で、本人が自覚していない潜在意識を測定できる最新の心理テストを、日本、米国、中国の大学生(合計約500人)に行った。このテストは、自分を表す言葉(私など)と、望ましい言葉(美しい、賢いなど)をどのくらい簡単に結びつけるかを、コンピューター上の反応速度で測定する。

 その結果、自己報告式のテストでは日中の大学生の自尊心は米国より低い数値を示すが、同じ大学生の潜在意識を測定すると、日本人も中国人も米国人と同じくらいに高い自尊心を持っていることが、初めて科学的に示された。

 山口教授は「自己報告式の調査結果から、欧米では日本人は自尊心の低い卑屈な国民性だとみなされがちだった。今回の成果が、日本人、東洋人に対する偏見の解消に役立つことを期待している」と話している。



これまでは、答えられた設問の”はい”/”いいえ”を得点化するような自己評価式の場合、日本人は自尊心が低くなっていたわけですが、
今回のテストでは、”自分”や”友だち”などの言葉と”すばらしい”とか”汚い”とかいろいろな印象を表す言葉との結びつきをパソコン上で行う実験を実施し、反応時間を測定することで潜在的な自尊感情の測定を試みたようです。


このテスト、従来の自己評価結果と潜在意識の評価結果が日本人は異なっていたという点はとても興味深いです。

このレポートでどのような考察がなされたか気になるところですが、
謙遜を美徳とし和を尊ぶ文化意識の中でへりくだることの大切さを子どもの頃から学んできた日本人の場合、自己評価で自分を他よりへりくだる回答が多くなるのはある程度予想がつくわけです。
しかも、「自分は他人より優れていると思うか」などという質問に当たり前のようにハイと答えるのは謙遜心があまりないなと、自己の中でこれまで培ってきた意識と合致しないので答えにくくなりやすんじゃないかと思う。少なくとも僕の場合、”いいえ”か”どちらでもない”を選んでしまいそうです。

しかし、今回のテストの場合、具体的な手順は分からないですが、イメージと自分や友だちなどの言葉とを結びつけるという、より単純なものってのがミソなんだと思います。

何がいいたいかというと、これまでの自己評価テストでは、自尊心を測定しつつも、あわせて謙遜も含む形で評価してしまっていたと思うんですよ。
心理テストの場合、そのテストが有効かどうかを判断するため信頼性と妥当性の検証を行うんですが、自尊心の自己評価テストの場合、もしかしたら内容的妥当性の点で完璧とは言いがたいんじゃないかと思うんですよ。
しかし、今回の方法だと、謙遜の評価要素をできる限り減らした手順で自尊心を測定できるようにされているようなので面白い。
このあたり、信頼性や妥当性の検証結果なども含めて結果を見てみたいものです。

自尊心についてあまり詳しく勉強していないので、かなりの私見を含んでしまいますが、「自尊心」と「謙遜」って相反するものではないと思うんですよ。謙遜して自分を低くしているから、自尊心が低いという簡単な関係じゃないのではないかと。
自分を持っていて、自己意識がしっかりしているからこそ、周りに対して「謙遜」することができるわけですし、謙遜することができる人の方が度量が大きい。この自分をしっかり持っているというのは、「自尊心」の一要素でもあると思うのです。自分を大切にしているからこそ、自己意識もしっかりしているのではないかと思います。

「自尊心」と「謙遜」、関係は大いにあるけど相反するところではない。

この辺り、直線的な思考ではうまく理解しにくいところではあると思うんですが、みなさんはどう思いますか?

よくわかる心理統計よくわかる心理統計
山田 剛史 村井 潤一郎

ミネルヴァ書房 2004-09
売り上げランキング : 16328
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イギリスのいい子日本のいい子―自己主張とがまんの教育学イギリスのいい子日本のいい子―自己主張とがまんの教育学
佐藤 淑子

中央公論新社 2001-03
売り上げランキング : 55877
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自己カウンセリングとアサーションのすすめ自己カウンセリングとアサーションのすすめ
平木 典子

金子書房 2000-03
売り上げランキング : 2716
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. 2007/06/15(金) 17:36:49|
  2. 心理とか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

納得です

すごく興味深く読みました。
日本人は本当に「謙虚さ」を表面に出す
すが美徳とされているみたいな気がしていました。
なので、このテストの結果もなんとなく納得
がいきました。
思考が入ると剰余反応が起きる。ということかな?
何がなんだかわからないような質問のほうが
深層を反映するのかも。しかし、それを解釈し、形としてまとめるのは主観性を持つ人間であるわけで・・・
となると・・ややこしくなりますね。
ああ、剰余変数!
私が今、一番つまずいている分野です。
トホホ。
にしても、日本人の自尊心が高くて良かった。
  1. 2007/06/16(土) 15:05:01 |
  2. URL |
  3. サミー #-
  4. [ 編集]

サミーさん、こんにちは。

うまく表現できないんですが、自分と比較してYes/Noで答えると、判定することによって「謙虚」というバイアスがかかってしまうような気がするんですよね。
剰余変数というか、テスト手順がなにを測ろうとしているかという内容的妥当性が充分でないということなのかなって思いました。
  1. 2007/06/17(日) 03:54:10 |
  2. URL |
  3. やまもんき #34bJot8k
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoon.blog13.fc2.com/tb.php/173-50b6a644

    人気ブログランキングに参加してます


    にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
    にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
    1日1回↑ポチっとしてちょ~♪
08月 « 2017年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

News Topix

Wether


-天気予報コム- -FC2-

Profile

やまもんき

  • Author: やまもんき
  • 社会人やりながら通信制大学で心理学の勉強をしてました。今年はのんびり過ごします。
    近頃、家族療法とか短期療法が面白くなってます。

    バイク乗ってます。ウクレレ好きです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。