FC2ブログ

本の相場って・・・

たわいもない話なんですが、近頃書くこともなかったりする今日この頃なので、ちょっと書いてみます。

かなーり前から、「ちょっと」ほしいなーと思っていた本があったのですよ。もちろんちょい古の本なんですけど、この「ちょっと」というのがくせもの。

「わずかながらに」ほしいくらいなら値段が高けりゃ即刻あきらめるし、
「かな~り」ほしいなら少々値段が高くても、次にいつ会えるかわからんから一期一会ってことですぱっと買ったりするわけですよ。

しかーも。
当方、貧乏神のビンちゃんと仲よしこよしなんざーますよ。おほほほほほ、はぅ。



んでね。。。



本日ようやくブツを手に入れたわけなのです。

なんの本かって?またまた、興味ないくせにー。一応紹介しておきます。好きな人は好きかもねー。

新版 天使のおそれ―聖なるもののエピステモロジー新版 天使のおそれ―聖なるもののエピステモロジー
グレゴリー ベイトソン メアリー・キャサリン ベイトソン Gregory Bateson

青土社 1992-08
売り上げランキング : 156768
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日、家族心理学会で招聘されたC.ベイトソンがお父様G.ベイトソンの遺稿をまとめて父との共著という形で出版された書なのです。

運よく(?)3500円+αで手に入りました。

それにしても、なんかおかしいっすよー。旦那!
絶版しているから仕方ないとしても、つい数年前(といっても15年?!)には2500円ほどで販売されていたものが、5千円とか6千円なんてなっちゃうわけですよう。ある意味マニアックな本なのに!

なんつーか、amazonってどんな辺鄙なところにいたって、国内外の本が気軽に手に入るってところはありがたい限りなんですが、良いことばかりでもないような気がするのです。

絶版となった本で、おすすめの星が5つとなるとマーケットプレイスに出展する古書店や個人店主さんがそれに乗せておもいっきり高値になったりしているんですよね。
もちろん自由資本社会なので売れるあてがあるならばそれなりに高くするのは必然なんだろうけど、気軽に高い気がする。のは気のせいっすか?!

同じくG.ベイトソンの著作である「精神と自然」なんか普及版が今出ているのに3700~4250円なんて金額になってるし。しかも今まさに出版中なのに「コレクター商品 - ほぼ新品」ってどういうこと?!
精神と自然―生きた世界の認識論精神と自然―生きた世界の認識論
グレゴリー ベイトソン Gregory Bateson 佐藤 良明

新思索社 2006-11
売り上げランキング : 86505
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「精神の生態学」に至っては、定価も6800円と高いだけにぽぽぽんと高い値がついてます。今出版中なのに・・・12000円ってぼったくりじゃねーっすか?何が違うんすか??
精神の生態学精神の生態学
グレゴリー ベイトソン Gregory Bateson 佐藤 良明

新思索社 2000-02
売り上げランキング : 80348
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「精神のコミュニケーション」なんかはもう無茶苦茶。 カスタマーレビューは星3つで出版もされてるおかげか、中古の底値は1500円くらいと新書の半額くらいなんだけど、最高値はなぜか新書の5倍近い14702円・・・もしかして、ベイトソンのサイン入りだったりするんでしょうか?!それとも新手の詐欺かなんか?!その強気の理由が分からん。
精神のコミュニケーション精神のコミュニケーション
G. ベイトソン J. ロイシュ Gregory Bateson

新思索社 1995-03
売り上げランキング : 243166
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



とまあ、やりきれない気分をどばーっと吐き出してみたんですが、実はおいらはこれらの本はAmazonをチェックしつつもAmazonでは買わなかったんです。だってお高いんですもの。
Amazonみたくお手軽に探すことはできないけど、いろいろな古書店さんのネットワークがはりめぐらされてる日本の古本屋さんでGetしました。

決して古本屋さんの回し者じゃないんですが、手間ひまかかる分、運がよければかなり安く手に入るのです。
ちなみに参考まで、おいらが上記の本を手に入れた金額は次の通り。

「精神と自然」       →普及版を新書で2千円
「精神の生態学」      →思索社の旧版を4千5百円
「精神のコミュニケーション」→1千円
「天使のおそれ」      →3千5百円

まあ、高いっちゃー高いんすが、定価トータルよりはコストダウンなんすよ。


話はだいぶそれちゃいましたが、何が言いたかったかというと、物があふれて気軽に手に入れやすい今日この頃だけど、そんな中でも地道にやりくりすればいいこともあるんだよ。
本当はいろいろな古書店を足で地道に捜し歩けばもっと掘り出し物はあるんだろうけど。。。

そして、あえて誤解をおそれずに話をぶっ飛ばして言うならば、本ってぇやつは、活字の羅列つまりは情報そのものだから、それにつく価値ってぇのもTPOによって如何様にもなっちまうって話なのです。

情報化社会なんていう言葉のぬるま湯に浸かりきってると、多量すぎる情報にもみくちゃにされて情報の価値ってのはものすごくあいまいなものに成り下がって、ほんとに大切なものまで見過ごしてしまうことにもなりかねないんじゃねーの?なんて極論まで拡げるだけ拡げてみて、情報垂れ流しで終わってみますが何か?
関連記事
スポンサーサイト



    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. 2007/07/03(火) 00:06:34|
  2. ちょっと気になること|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoon.blog13.fc2.com/tb.php/177-245a92e5

    人気ブログランキングに参加してます


    にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
    にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
    1日1回↑ポチっとしてちょ~♪
08月 « 2019年09月 » 10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

News Topix

Wether


-天気予報コム- -FC2-

Profile

やまもんき

  • Author: やまもんき
  • 社会人やりながら通信制大学で心理学の勉強をしてました。今年はのんびり過ごします。
    近頃、家族療法とか短期療法が面白くなってます。

    バイク乗ってます。ウクレレ好きです♪