スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

安倍首相の空回り:サイバネティックスの視点で考える

2日目のカレーを食しながらニュースを眺めてると、歴史的な大敗、でも続投という話題でもちきりだった。小泉前首相に大切なのは「鈍感力」といわれたらしいがここまでくればあっぱれである。

安倍首相、8月後半にも内閣改造へ
7月30日23時43分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000014-yom-pol

安倍首相は30日、参院選の結果を受けて自民党本部で記者会見し、8月後半にも内閣改造と自民党役員人事を断行する考えを明らかにした。

 また、政治資金の扱いをより厳格化するための政治資金規正法の再改正を検討する意向を示した。続投を決めた首相だが、歴史的な惨敗という選挙結果を踏まえ、政府・与党の体制や政策の見直しを迫られている。

 首相は記者会見で、内閣改造・党役員人事について、「人心を一新せよ、というのが国民の声だ。党役員の任期とかかわりなく、人事は行いたい」と述べ、9月末の党役員の任期切れを待たずに、8月後半にも実施する考えを示した。

 また、赤城農相らの不透明な事務所費問題について、「先の通常国会での政治資金規正法改正では、不十分だというのが国民の声であり、中川幹事長らに、党で厳格な規約を作り、法制化すべきは法制化するよう指示した。領収書の公開も議論し、8月中に自民党案をまとめる」と語った。

最終更新:7月30日23時43分



さきに断っておくが、安倍さんは好きでも嫌いでもない。感覚づれてるとは思うが。もちろん無党派層のひとりである。
そんな立場で、ちょっと今回の出来事を考えてみます。興味がわいたらどうぞ~



サイバネティックスというのは、コタツとかエアコンについてるサーモスタットや、生き物の体温調節をしているホメオスタシスみたいなものである。かなりおおざっぱに言ってます。詳しくはネットでチェキラー。

さてこのサイバネティックス、人間関係やひいては社会や政治なんかにも古くから応用されてたりする。ちょっとおもしろいw

それはさておき、
今回の参議院選挙の自民大敗について、民意らしきメディアの報道では「安倍さんもう無理ぽ」という意見か、「安倍さんいまいち、でも代わりがいないんじゃしょうがねっぺ」のどちらかが多かった。民主党に政権交代って意見がうすいのがおもろす。

このように数々の失言や政治資金のうさんくささをかばった安倍首相のネガティブなイメージが増強されて得票数にも5割減(当社比)となったわけだが、ここで培われた主な印象は”ごまかし”とか”きれいごと”かもしれない。

そして敗戦処理。
ここで潔く責任を明確にして具体的な今後の方針を示せばまだ救われたかもしれないが、続投はともかくも、声は通るがあいまいな弁明だけ。



さてここまでをサイバネティックスの視点で眺めるとどうみえるか?

内閣での不祥事→中途半端な安倍首相のかばいだて→イメージダウン→「鈍感力」で開き直り→でも政策はいいし実行力で頑張ってるという信念→不信感。。。

この流れで行われた参議院選挙。
確かに政策実行力はある面発揮されている。しかし、国民が政治に望んでいるのは、国の作り変えとしての「構造改革」ではなく、不信感のある政治機構に対する「構造改革」。ここを甘く見て、「構造改革」のための大枠的政策は実行していても、その元にある政治資金など怪しげなことは法に則ってるとあいまいに実行。
この部分のイメージをぬぐわないで、いくら選挙演説で「政策実行力」といってみても。

イメージダウン→「政策実行力」→不信感!→票離れ

となる。結果はいわずもがな。

問題(ネガティブ状況)→明るくあっさり対応(回避)→問題変わらず

というパターンから抜け出せてない。だから、なにか起こるたびに安倍首相の明るい通った声で釈明するたびに周囲のげんなりした気分がまた沸き起こってしまう。


そして、一夜明けた安倍首相は・・・

選挙大敗→選挙結果は受け止めて「政策実行力」で内閣改造!

と宣言してもますますマスコミや自民党幹部の内輪からもたたかれてしまうわけである。

もしかしたら、

※問題→実は困惑→困惑を見せぬよう「明るくあっさり」釈明→問題回避(できたと思ってる)→周囲のダメだし→負けず嫌い!→※(繰り返し)

という悪循環にはまりこんでいるのやもしれぬ。

こうなると周囲のプレッシャーが強まる中でネガティブスパイラルでどんどんエスカレートして行くとこまで行くしかないんではw


おいら的には、内閣はずーっと同じ党ばかりより、自民党と民主党が似たり寄ったりで「あんま意味ないんじゃね?」と思っても時々取り替えるのがいいと思ってる。
長く利のある立場にあるからこそ癒着が生まれるんだし、いろいろなところにホコリやらなにやらが溜まってろくでもないことが出てくる。だったら時々席替えよろしく与党が入れ替われば、気分もリフレッシュして少しはまじめになるんじゃないか?なったらいいなと思う。あんまりしょっちゅう入れ替わってはまずいけど、入れ替わるんじゃないかという危機感を感じるくらいは必要なんじゃないかと。

そういうわけで、まずは衆議院、参議院で第1党が分かれたことでいい流れが生まれるといいなーって思ってみたり。
なので、民主党には、政権にこだわって内閣へのネガティブキャンペーンをするよりはまずは政策をしっかり地固めしてほしいところ。「青い鳥」と一緒で求めてばかりいるうちは案外手に入らず、ふとがむしゃらさを忘れたときにおもいがけずころがりこんできたりするんじゃないかなー?!どーすか??

サイバネティックス 第2版―動物と機械における制御と通信サイバネティックス 第2版―動物と機械における制御と通信
ノーバート・ウィーナー 池原 止戈夫

岩波書店 1962-10
売り上げランキング : 140016
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


50回選挙をやっても自民党が負けない50の理由50回選挙をやっても自民党が負けない50の理由
土屋 彰久

自由國民社 2004-07
売り上げランキング : 34806
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


美しい国へ (文春新書)美しい国へ (文春新書)
安倍 晋三

文藝春秋 2006-07
売り上げランキング : 2602
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. 2007/07/31(火) 01:11:10|
  2. systemic view|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

小泉元首相は「鈍感力」が大切って言ったんですか。
週刊誌の広告の見出しで、政治家に必要なのは「敏感力」って書いてありました。
すごいズレですね^^

危機感、大切ですね。
  1. 2007/08/08(水) 21:04:03 |
  2. URL |
  3. みんにゃん #-
  4. [ 編集]

危機感はメタに大切ですね。
その中で、鈍感力だったり敏感力だったりをうまいバランスで発揮してほしいなーって思います。
  1. 2007/08/12(日) 00:46:58 |
  2. URL |
  3. やまもんき #34bJot8k
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoon.blog13.fc2.com/tb.php/196-652ea70e

    人気ブログランキングに参加してます


    にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
    にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
    1日1回↑ポチっとしてちょ~♪
06月 « 2017年07月 » 08月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

News Topix

Wether


-天気予報コム- -FC2-

Profile

やまもんき

  • Author: やまもんき
  • 社会人やりながら通信制大学で心理学の勉強をしてました。今年はのんびり過ごします。
    近頃、家族療法とか短期療法が面白くなってます。

    バイク乗ってます。ウクレレ好きです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。