スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

■ T's guiter SD-CST ■ ”リプリー”  【My Ukuleles】

我が家のウクレレ第4弾は、T'sギター謹製のカスタムウクレレです。
いやー、マイウクレレブームが超エスカレーションして、ついにカスタムウクレレまで作ってしまうとは。
今思うとチャレンジャーです。でもとっても気に入ってます^^*

ripply-f.jpgripply-b.jpgripply-h.jpg

 TOP: 栃(杢入り)
 SIDE: カーリーウォルナット
 BACK: カーリーウォルナット
 NECK: マホガニー
 Bridge: ローズウッド
 Saddle/Nat: 牛骨
 Peg: 後藤ガット(UK-3W)
 F.Board: ローズウッド(シェルインレイ)
 Fret: 18(14fret joint)
 Craft: T's guitar Japan Nagano(Jan 19 2005)
 Weight: 386g
 Others: 5弦(4-5複弦)、ピックアップ(AG-Ukulele)





日本はウクレリアンにとって、幸せな国だと思う。

安いけど、とてもいい音がするFamousでウクレレを始めることができるし、なにより、綺羅星のごとく個性的なウクレレを輩出する著名なウクレレ・ビルダーが多数いて、ちょっとフンパツすればそんな「素敵なウクレレ」を手に入れる事ができるのだから。。。
でも、正直なところ、ついこの間まではそんなウクレレたちと自分とは全く縁がないと思ってました。
ところが、あるちょっとした思い付きから、まさかこんな「素敵なウクレレ」を手に入れる事になるとは、全く想像してませんでした。そう、T'sギターのsinnさんこと、高橋信治さんにかっこいいカスタムウクレレを作っていただいたのです。

そのちょっとした思い付きは2004年の夏の事、T's ギターのHPにある”ウイスキー樽から作ったウクレレ”から始まったのです。

深い森で育つこと100年、そしてサントリーの蒸留所で50年~70年...
良質のウイスキーの揺りかごとしての長い長い年月の役目を終えたホワイトオークが愛すべきあなたのウクレレに生まれ変わります。

この名文句、酒好きにはたまらんでしょう(^^
SD-Oakっていうんですが、実際のところウイスキーのいい香りってのはないようなんですが、年月を重ねた木を使っているだけに、いい音がするようなんです。惚れちゃいました(ぽっ
でも、ちょっと不満が・・・ホワイトオークなので白くて木目がシンプル。おいらとしてはちょっと杢が入ってたりして、おしゃれなウクレレがほしかったわけです。

そこで考えたのが、SD-Oakをベースにセミカスタムをしてもらおうというものでした。

その時の依頼は、
SD-Oakにサンパースト塗装してもらって、指板にはおいらのニックネームをインレイしてもらいたい
でした。

でも、sinnさん曰く
「塗装に関してはなるべく薄いナチュラル系の色の方が音には有利です。サンバーストにするためには厚い下塗りをしなくてはなりませんので。」
今考えてみれば、当然のことです。素人というのは恐ろしい。。。サンバーストって綺麗に見えるよう導管を埋めたほうがいいようで厚い下塗りが必要なんですよ。
ここで、ちょっと方向転換です。音を響かせたいんだったら薄めの塗装がいいと思っていたおいらとしては、サンバーストとウクレレのいい音は相容れないと判断したわけです。でも、もう乗りかかった船(ウクレレがほしい号)ですから、もういくとこまでいっちゃうぞ、おー!!ってなもんです。
それなら、T'sギターに在庫している材料の中からおもしろいものを選んで、カスタムウクレレを作っちゃうぜ、へっへへへい。となりました。sinnさんに問い合わせますと、
”マホガニー、コア、メイプル、ローズウッド、ウォルナット、ハカランダ、各種スプルース、パドック、アッシュ、など。その中でカーリーの入ったウォルナット、杢入りの栃の木、ばりばりにカーリーの入ったメイプル”があるとの返事でした。

そこで、木材について書いてあるHPを読み漁って、ウクレレビルダーさん達の作品を眺めてイメージを膨らませたりしながら、選んだのがトップを栃、サイドバックをウォルナットという組み合わせです。どっちもお勧めの杢が入っているってのもプラス点。
栃は、占レレのオール栃をみて、縮れ杢がおしゃれだったし、日本人なら日本原産木のウクレレってのもよいかなーなんて。ウォルナットは、ちょっと重硬らしいんですが、甘い音とか癖のある独特の音なんてことが書かれていたりして、ちょっと面白いかなとチャレンジしました。

ウクピクがまもなく始まろうという頃、この仕様でカスタムを依頼したんですが、その後、調子に乗って色々な仕様追加をしてしまいました(^^;おかげでかなり個性的なウクレレ。でも、おいらの漠然としたイメージをいい方に具現化してくれたsinnさんってすごいです!!
わがままその1:5弦仕様。
夏頃からジャカソロもいいけど、コード弾きも楽しいかも?!なんて練習し始めてたんですよ。”そういえば、コード弾きのお約束Low-Gって持ってないよなー。でも、Low-Gだとウクレレっぽくなくなっちゃうみたいだし。。。それなら、Hi-Gも一緒に張れば、ジャカジャカ弾いた時にもHi-Gのウクレレっぽい音もするし、いいんじゃないの??”と思ったわけです。
でも、IWAOさんのカーディナルのようにすると、腕に覚えがないおいらでは、うまくコードを押さえられない危険極大。それならば、Hi,Lowを複弦にして、指一本でも押さえられるようにしてもらおう。
このアイデアをsinnさんに相談したところ、ブリッジ側のピッチを拡げてあげる事で弾き分けができるのではという案をもらってスペシャル5弦仕様が固まったのでした。これが慣れてくると結構よさそうです。流行っちゃうかもなー。やまもん5弦なんて名前付けちゃおうかな~<うぞ

わがままその2:ピックアップ追加。
ちまたのウクレレHPを眺めているとピックアップをつけたウクレレって見かけるようになってまして、どうせならつけてもらっちゃおうかなー。なんてノリです。すんまそん。
でも、カスタムウクレレを作ってもらうので、プロにピックアップを取り付けてもらうならまちがいないって気がしません??
確かに、”お前みたいな腕でステージに上がるようなことがあるんか”という突っ込みは激しくあるんですが、まかり間違ってそんなことがおこるかもしれないじゃないですか~。いっぺん披露宴でウクレレ弾かせてもらったときには、スタンドマイクで音を拾ったんですがこれはやりにくかったです。
で、AG-Ukuleleというアンダーサドルのピックアップをつけてもらいました。サドル下だとちょっと硬い音だけどクリアで忠実に再現してくれるらしいです。

そんなわがまま放題でお願いした注文のウクレレができあがったのが2005年1月19日、T'sのシリアルナンバーで448番目の作品になりました。

このスペシャルウクレレ、名前は”リプリー”にしました。
由来は見た目からです。トップを飾る栃の美しい縮れ杢やヘッド、サイドバックを飾るカーリーなウォルナットの木目からさざなみ(Ripple)を連想させるので、この名前がふさわしいと感じます。

初対面して、感動したのが見た目のバランスのよさです。まるで既成のウクレレであるかのようにヘッドとボディーがバランスよくそこにあるわけです。5弦にするため、ヘッドをちょっと大きめにしたとのことですが、おいら的にはこの比率はかなりいいんじゃないかと感じます。
次に色合い。これはセンス抜群!!ちぢれ杢が綺麗に入った栃が木本来の色合いで美しくトップを飾り、サイドバックにあるカーリーウォルナットの茶と見事なコントラストを醸し出しています。
最初のうちは奢ってバインディングを付けてもらおうかな?なんて考えたりもしたんですがなくて正解でした。トップ栃の白にちょっと大き目ブリッジ、ローズウッドののチョコレート色、牛骨サドルの乳白色の組み合わせはスマートにまとまってるし、ローゼットとフィンガーボード、ヘッドに入ったメキシコアワビを使ったシェル飾りがおしゃれさを十二分に演出しているので申し分ないでしょう。

さて、注目の音です。変な音に出来上がったらどうしましょう??とかなりどきどきしてました、正直なところ(笑)
sinnさんに希望の音とかはありますか?と質問されて、見た目重視で注文に踏み切ってしまった経験の浅いおいらは「マホガニーのウクレレは持っているので、ちょっと変わった音色だといいな」なんて意味不明なことを返信してしまいました。
実際に完成したウクレレの音色は、sinnさん曰く「柔らかでふくよかな音色」。おいらの稚拙な表現だと、マホガニーのような甘い感じはないが、伸びのあるやさしい音色。高温までよく響いてくれてます。5弦Hi-Gがあるのでウクレレっぽい感じは残しつつも、4弦Low-Gのおかげでずしっとくる低音も響いてて、最初に聞いた時は違和感を感じたものの、慣れると「おっ、こんな和音もありじゃん?!」という印象です。
音量は、できたてほやほやなのであまり期待してなかったんですが、思いの外よく鳴ってます。年季の入ったハービーやミッチーには及ばないものの、ヤスに比べたら(比較対象が悪いけど)気持ちよく鳴ってます。これから弾き込んでいったときの成長ぶりが楽しみです。いいハーモニーをウクレレに染み込ませる様に腕を上げねばなりませんね。
アンプを通した音については、まだ試していないので後日レビューしたいと思います。

世界にひとつだけ、おいらだけのウクレレ。それが、ビルダーsinnさんのおかげでこんな素敵なウクレレになりました。もう手放せません。おいらのメインウクレレに決定♪頂戴って言われたって絶対にいやです。
たくさんのわがままな要求にもかかわらず、親切丁寧に相談に乗ってくださり、しかもそれらの要求を望んだ以上に、このウクレレの中に盛り込んでいただきました。とっても満足です。
sinnさん、本当に有難うございました。

そんなこのウクレレ、実はもうおいら以外のものにはなり得ないんです。だって、指板にさりげなく、ニックネームをインレイしてもらっちゃったんですから、ざんね~ん。
(もんきぃぱーくから転載)
関連記事
スポンサーサイト
    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags: ウクレレ T's Guiter カスタム 5弦 ウォルナット

  1. 2009/06/10(水) 10:41:12|
  2. ウクレレ♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoon.blog13.fc2.com/tb.php/446-488fe9f7

    人気ブログランキングに参加してます


    にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
    にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
    1日1回↑ポチっとしてちょ~♪
10月 « 2017年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

News Topix

Wether


-天気予報コム- -FC2-

Profile

やまもんき

  • Author: やまもんき
  • 社会人やりながら通信制大学で心理学の勉強をしてました。今年はのんびり過ごします。
    近頃、家族療法とか短期療法が面白くなってます。

    バイク乗ってます。ウクレレ好きです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。