スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

RZ350のカタログ

20090709002518


RZ250のカタログの文字起こしに続いてRZ350の方も。やはりRZ大全やRZオーナーズバイブルに載せられているカタログの文字が小さいので読み辛い。解読がてら文字起こししてみることにしました。

ページ数が少なくてRZ250の内容とかなり重複してますが、せっかくなのでまとめときます。



見開き1ページの上部に、上空から俯瞰したRZ350の走る姿と共に、

パワーウェイトレシオ3.17kg/ps。圧倒的な瞬発力、余裕のパワーがライダーを風にする。ピュアスポーツマシン、RZ350。



そして、それぞれの説明文。

走ることそのものに向けて、すべてがデザインされた。ピュアスポーツマシン、ヤマハRZ350。
スピードリミットを外されたアウトバーンで、アウトストラーダで、ヨーロッパを制覇したヤマハ。新登場のRZ350は、そのすべてが走りそのものに向けて開発されたピュアスポーツ。ヤマハレーシングのノウハウを随所にみなぎらせ、圧倒的な爆発力を秘めた水冷2ストロークツインのパワーユニットが、確実なダブルディスクブレーキが、すでに定評のあるモノクロスサスが、ライダーをはるかな高みにまで導き、風にしてくれるだろう。
サーキットから生まれた。水冷2ストローク、7ポートトルクインダクションを持つエンジン。
ライダーをはっきりと選ぶまでに熟成されたピュアスポーツマシンRZ350のパワーユニットは、世界最強の市販ロードレーサー、TZ350のノウハウをフィードバックすることにより開発。水冷、7ポートトルクインダクションを始めとして各ユニットや、掃気のレイアウトなど、TZ350をベースとして開発された新設計の高性能エンジンです。高速遅角型C.D.I.点火方式、吸気バランスパイプ、大容量エアクリーナー、多段膨張タイプ・チャンバー型マフラーなどにより、ごく低速域から高速域まで、鋭敏でパワフルな高性能を発揮、クロスレシオの6速ミッション、湿式多板クラッチなどとあいまって、真の走りを実現。
水冷347cc、45ps/8500r.p.m。パワフルだけでなく、どこまでもシャープな高性能エンジン。
TZ350のエンジンをベースとして最大出力45psの高出力を得ています。ボア・ストロークは64×54mm。シリンダーヘッドは左右一体鋳造とし、シリンダーブロックは整備性を考慮し、別体構造としています。2連装されたキャブレターは中低速域のつながりと省燃費を実現するために26φボアを採用。さらにトルクレンジを広げると共に、高速域をシャープにするために2つの吸気マニフォールドをつなぐ吸気バランスパイプを採用しています。点火方式は、メンテナンスフリーのC.D.I.点火方式を採用。2ストロークエンジン特有の出力特性に合わせ、高速遅角タイプとして、ピーク回転時の出力を一気に向上させ、45ps/8500r.p.m.の圧倒的なパワーを現実のものとしています。しかも、この高性能エンジンを水冷化することにより、長時間の連続走行にも熱的パワーダレの少ない、安定した出力特性を発揮します。こうしたハイパワーを支えるために、コンロッド端末部のベアリングリテーナを銀メッキとし、耐久性を向上させるなど、ヤマハレーシングのすぐれたノウハウがいたるところに盛りこまれ、完成しています。
ブレーキングさえも爽快。高性能エンジンに対応したフロントダブルディスクブレーキ採用。
すべてが走りそのものに向けて開発されたピュアスポーツマシンRZ350。きわめてシャープ、パワフルなパワーユニットに対応し、フロントブレーキは大径の油圧式ダブルディスクブレーキとしました。リアには180mmφという大径のドラムブレーキを装備。圧倒的なエンジンパワーを支えワインディングロードで、ハイウェイで安全で速い走りを可能にしたブレーキシステムです、
ビス一本から軽量化することによって、パワーウェイトレシオ3.17kg/psという高い値を達成。
シャープ、パワフルなエンジンを搭載するだけでは、ピュアスポーツとはいえない。パワーユニットと同様に、車体重量が大きな問題となってきます。このためにもRZ350は、ビス一本からグラム単位の計算をし、同時に積極的に樹脂部品を採用し、重量軽減をはかっています。また水冷化による冷却フィンの省略、クランクシャフト、クランクケースなどを新設計。ラジエターは小型・軽量のアルミ製コルゲート型加圧式を採用。リザーブタンク付のメンテナンスフリーの水冷システムです。さらに軽量コンロッドやピストンなどの採用により、トータルとして大幅な軽量化に成功。これにより、パワーウェイトレシオは3.17kg/psという高い値を実現。これは、クラス最強はもちろん、750ccをも凌ぐほどの驚異的な数値です。ピュアスポーツの原点です。
コンピュータ解析を利用。エンジンから振動を低減したオーソゴナルエンジンマウント方式。
回転域の全域にわたって、共振の少ないスムーズな走行フィーリングを得るために、ヤマハは積極的にコンピュータを活用。快適な走行フィーリングのために、オーソゴナルマウント方式を採用しました。具体的には、走行時に多方向に発生するエンジン振動をコンピュータで解析しマウントの位置と受け方、およびその数で振動の方向を集中させ、その振動系に見合ったラバーを配し、不快な振動を吸収するというもの。そのパワフルなエンジンをライダーのものにする画期的ともいうべきエンジンマウント方式です。
ピュアな走りを実現したフルダブルクレードルフレームと、定評のモノクロスサスペンション。
圧倒的な動力性能を支えるフレームは、高張力鋼管を使用したダブルクレードルフレームを採用。軽量かつ剛性に富んだこのフレームは、エンジンに強いねじれを与えるコーナリング時にエンジンのトルクに対して、すぐれた実力を発揮します。また、リアにはすでに高い評価を得ているモノクロスサスペンションを採用。高速コーナリング時にも、安定した走行性能を発揮します。また窒素ガス封入のド・カルボンタイプのユニットは、初期荷重を5段階に調節可能としました。
サウンドまでも快適だ。2段膨張式吸気サイレンサーとレーシングチャンバー型マフラーを採用。
パワフルなエンジンに不可欠の吸気ノイズを低減するために、大容量の2段膨張式吸気サイレンサーをエアクリーナーケースに設けました。また大容量のエアクリーナーを燃料タンク前部裏側に配置し、吸気音の発生を防いでいます。sらにエクゾーストは、脈動効果の高いレーシングチャンバー型マフラーを採用。内部に4段膨張の隔壁を設け、排気音を低周波化。より快適にしています。
新たな次元の走りを予感させる、スタイリング。
ゴロワースカラーのストライプを持ち、見るからに走りに徹したRZ350は、真のスーパースポーツを無言で主張します。785mmという低シート高を中心に、左右52°の大きなバンク角を可能にしたスリムなボディデザイン。シートとの一体感と、確実なニーグリップを可能にしたタンク形状、後方にセットしたフートレストなどによってマンマシン一体のライディングフォームを生み出しています。走りを追求したひとつの結論です。
ライダーの思い通りになる、ピュアスポーツ、RZ350。安全性も、スーパーマシンそのものだ。
●大容量、高・低2音のダブルホーンを採用。
●バネ下重量を軽減し、すぐれた動的性能を持つイタリックタイプのキャストホイールを採用。
●グリップにすぐれ、ハンドリングをよりシャープにするチューブレスタイヤを採用しました。
●メーターは見やすい55°傾斜。水温系はタコメーターにビルトイン。照明はあらゆる状況で視認性のよ高い透過光式オレンジ照明を採用。
●60/55W、170mmφの大径ハロゲンヘッドランプ。電気系統は4系統のヒューズを採用。
●すぐれた操作フィーリングを持つパワーレバー、フットストッパー兼用のアルミマフラーステー、メインスイッチ連動のステアリングロック、また便利な小物入れをシート下とテールカウルに設定。
●そのハイパワーを確実に伝えるために、伸びにくいシールチェーンを採用。ほとんど潤滑・調整が不要、しかも耐久性にも優れています。



基本的に書かれていることはRZ250と同じような内容です。
違う点は、パワーユニットが350ccで最高出力45ps、そしてパワーウェイトレシオが驚異の3.17kg/ps、当時の750ccを凌ぐほどの数値ということでナナハンキラーの異名をとったのも伊達じゃないということでしょうか。それとブレーキがダブルディスクであること、ダブルホーンであること。
RZ250ではスーパースポーツと銘うってましたが、RZ350ではピュアスポーツマシンとして宣伝してますな。

RZ350にもいつか機会があったら試乗してみたいなあ。。。
関連記事
スポンサーサイト
    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags: RZ350 カタログ

  1. 2009/07/09(木) 00:25:20|
  2. バイクのこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoon.blog13.fc2.com/tb.php/484-5036f002

    人気ブログランキングに参加してます


    にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
    にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
    1日1回↑ポチっとしてちょ~♪
03月 « 2017年04月 » 05月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

News Topix

Wether


-天気予報コム- -FC2-

Profile

やまもんき

  • Author: やまもんき
  • 社会人やりながら通信制大学で心理学の勉強をしてました。今年はのんびり過ごします。
    近頃、家族療法とか短期療法が面白くなってます。

    バイク乗ってます。ウクレレ好きです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。