スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

内閣不信任決議案なパラドックス

近頃バイクねたばかり書いていたので、たまにはシステミックに、ちょっと面白いと思ったことを書いてみます。関連記事はこちらです。

都議選 首相の進退問題浮上は必至 民主は不信任案提出へ
7月13日0時20分配信 毎日新聞
東京都議選の自民大敗で、麻生太郎首相は08年9月の政権発足以来、最大の危機に直面した。首相は選挙結果にかかわらず衆院解散を断行する意向を強調してきたが、首相の進退問題が浮上するのは必至。与党内には態勢立て直しを求める声が強く、次期衆院選は8月下旬以降に先送りされる見通しになった。民主党は13日中に衆参両院に麻生内閣不信任決議案と首相問責決議案を提出する方針。

 反麻生の姿勢を強めてきた自民党の中川秀直元幹事長は13日未明、「私は『名誉ある決断を』と言ってきたが、その思いは変わらない」と記者団に述べ、首相の自発的退陣を求めた。さらに「党再生の議論をする両院議員総会を求めていくべきだ」と指摘した。尾辻秀久参院議員会長は12日夜、「麻生首相の責任は重い。首相の賢明な判断を期待する」と記者団に語った。

 これに対し、同党の細田博之幹事長は12日夜、東京都内のホテルで河村建夫官房長官と会談した。両氏は「都議選の結果と国政とは別。首相責任論には及ばない」との認識で一致した。さらに、自民党首脳は「解散は首相に一任する」と述べたが、首相サイドの守勢は明らかだ。首相に近い自民党の菅義偉選対副委員長は12日、民放番組で、衆院解散に反対する閣僚が出た場合の首相の対応について「強い意志で解散に臨むだろう」と強調したが、公明党の斉藤鉄夫環境相ら一部閣僚が反対しても首相が解散権を行使できるかは不透明。同党の北側一雄幹事長は13日未明の会見で「(衆院選に向け)立て直しの時間が必要かもしれない」と述べ、早期解散に否定的な見方を示した。与党には鳩山由紀夫・民主党代表の政治献金疑惑を追及し反転の手がかりとしたい思惑もある。

 参院で問責が可決されれば、衆院で審議中の貨物検査特別措置法案の成立は困難になるが、民主党は早期解散に追い込む戦略だ。【中村篤志】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090713-00000000-maip-pol



なにが面白いなと思ったかといいますと、今朝みのーなニュースバラエティに国会議員を集めて都議会選討論をしていたときの話の中で。。。


よく見かける毎日新聞の解説員の方がいっていたことなんですが(うろ覚えなので概要だけ)、

麻生首相のまま解散してほしい野党
麻生首相じゃやばいので辞任してほしい与党自民

んで、ここで内閣不信任決議案を野党が提出することで、
問責決議案提出→与党は結束を固めるため否決→与党各議員は自民方針に沿うか否かの踏み絵
となり、
不信任決議案を提出することが麻生首相の首をつなげる、つまり見かけ上は野党が麻生首相を応援することになるというパラドキシカルな状況になるというのですね。

まあ、問題は二重構造になっていて、それを同じ論理階型レベルでごちゃまぜに処理しようとするからパラドックスになるんだと思いますが、今回の場合は自民党の官僚政治に対する不満という話と麻生内閣に対する不安という話でしょうか?
自民党に一部含まれている麻生内閣ですが、自民党は麻生内閣を排除(麻生おろし)をすることで与党存続できると思ってますし、麻生首相は解散することで麻生おろしを阻止したいという相反するもくろみがあるわけで、それを一つの自民党とひとくくりに考えてしまうとすごくパラドックスに見える。

それに対して投げつけられる内閣不信任決議案ってのは野党の気持ちは両方に対しNGを出してるんだと思いますが、内閣NGを突きつけることで、自民与党には維持結束という安定志向がサイバネティックスに働いて、内閣を守ろうという、与党内の辞任を求める気持ちとは裏腹な話に流れていき、麻生おろし封じになってしまうのではないかという見方、すごく興味深いですね。
このパラドックスに対する、カウンターパラドックスを打ち出せるか?はたから見る分にはかけひきはなかなか面白いです。

実際のところは、ここ一週間くらいでめまぐるしく政局が動いていきそうですが、なんというか”選挙は踊る”ではないですが、政権とか政局にこだわりすぎて、本来きちんと見据えるべき将来の日本をいかに立て直して子どもたちに明るい未来を残してあげられるような政治をできるか?ってところを考えてる議員さんってどれくらいいるのかちょっと不安です。。。

番組に出ていた自民の平沢さんは達観しているというか冷静な発言で好感もてました。

この次期に看板をすげ替えても、いままでの自民政治に対する国民の不満が変わるものでないだろうし、このまま解散の方がダメージは少ないだろう。その場合、自民党が下野するのも仕方ないのではないか。


なんてことを話してたと思います。少なくとも一般市民のひとりである自分の感覚にとても近いw

それにしても記事に出ていた石原伸晃さんの写真、「ちぬくぞ!」って・・・
血抜いたら、いろんな意味で、もしかしたら思いがけない出来事によってパラドキシカルな悪循環を打ち崩せるかもしれませぬ。オモロー!
関連記事
スポンサーサイト
    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags: 内閣不信任 政局 パラドックス システム

  1. 2009/07/13(月) 10:08:25|
  2. systemic view|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoon.blog13.fc2.com/tb.php/488-f5c34f11

    人気ブログランキングに参加してます


    にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
    にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
    1日1回↑ポチっとしてちょ~♪
06月 « 2017年07月 » 08月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

News Topix

Wether


-天気予報コム- -FC2-

Profile

やまもんき

  • Author: やまもんき
  • 社会人やりながら通信制大学で心理学の勉強をしてました。今年はのんびり過ごします。
    近頃、家族療法とか短期療法が面白くなってます。

    バイク乗ってます。ウクレレ好きです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。