スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ケースカバーを開けてみたら



とどまる事をしらないオイル漏れ。見てみぬふりもできないので、ようやく重い腰を上げて、まずは左側のクランクケースカバーをあけて見た。




気になるポイント3箇所をチェック。
プッシュロッドが磨耗してそうで、怪しいと思っていたクラッチのオイルシールは、大丈夫そう。

ニュートラルスイッチのところも、大丈夫。

そして、シフトシャフトのオイルシールは・・・、見事にもれてます(涙

これって、シフトシャフトが磨耗しちゃって隙間ができちゃってるのか、単に老いるシールが寿命を迎えただけなのか?できれば後者であってほしいところ。

一度ふき取ってみて、しばし待ってると、オイルがにじみ出てくるのでまちがいなさそう。オイルシールを部品注文せねば。
ついでに、ほしいと思っていた部品もついでに注文してしまおう。


さてさて、オイルシールの交換ってはじめてやるんだが、ギヤオイルを全部抜かなきゃならないもの?そもそも、右側のクランクケースカバーを開いて、シフトシャフトを抜かなきゃだめなんだろうか?面倒くさいな。オイルはさほど汚れてなさそうだし、今回はイージーにオイルシール交換をしたいところなんだが・・・

と思いつつ、ネットでオイルシール交換を検索してみる。

オイルシールを交換するのに、ギアオイルを抜かなければならないわけではなさそう。古いオイルシールをはずしても、ぽたぽた漏れてくる位のようだ。よっしゃ。
でも、オイルシールを取り外すときには、周囲のベースを傷つけないように細心の注意が必要そう。ベースを支点にしてドライバとかでこじるようなことをして、傷つけたら致命傷になってしまうぽい。
一つ、よさげな方法として、木ねじを古オイルシールに打ち込んで、ねじの頭をラジオペンチなどでつかんで引っ張り抜く方法を発見。覚えておこう。

さて、シーマインターナショナルに注文する部品を洗い出すぜい。

関連記事
スポンサーサイト
    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags: RZ250 メンテナンス シフトシャフト オイル漏れ

  1. 2010/06/19(土) 19:50:31|
  2. バイクのこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoon.blog13.fc2.com/tb.php/668-35295808

    人気ブログランキングに参加してます


    にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
    にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
    1日1回↑ポチっとしてちょ~♪
04月 « 2017年05月 » 06月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

News Topix

Wether


-天気予報コム- -FC2-

Profile

やまもんき

  • Author: やまもんき
  • 社会人やりながら通信制大学で心理学の勉強をしてました。今年はのんびり過ごします。
    近頃、家族療法とか短期療法が面白くなってます。

    バイク乗ってます。ウクレレ好きです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。