スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

おもらし修理



ここのところ、だらだらと過ごしていたのでバイクを直さなきゃと思いつつも後回しにし続けていた。
明日はひさびさにバイクで出かけたい用事があるので、ようやく重い腰を上げて修理してみる。

あらかじめオーナーズバイブルなど眺めながら脳内イメトレを復習してから作業開始。

何度も開け閉めしてきた左側クランクケースを手早く開腹。たっぷりと染み出したシフトシャフトのオイルを眺めてげんなりしつつ・・・





まずは、ずーっと前から直せずにいたクラッチのプッシュロッドアセンブリをいじってみる。ロックナットがどうしても緩められなくて、プッシュロッド側の調整ができずにいたんだが、ヤフオクで予備部品を入手して、ロックナットの緩め方を思いついたので、元々ついていたものでも緩められないかチャレンジしてみた。結果、うまくいかずボディがゆがんでしまった。万力で固定するか、熱してゆるめるしか方法はなさそうな気がしてきた。とりあえず手に入れた予備部品に交換して仮解決。



さて、シフトシャフトのオイルシールをはずしてみようと先の曲がった千枚通しで、外周を傷つけないようこじってみたりしたがまったく取れる気配なし。かくなる上は、木ねじをねじ込んで引っこ抜くことに。



オイルシールが硬くて少々てこずったがねじ込んで、ラジオペンチで頭をつかんで引っ張るとすぽりと抜けた。



新しいオイルシールの内周にたっぷりシリコングリスを塗りつけて、シフトシャフトの先のシフトレバーが取り付けられるギザギザでオイルシールを傷つけないよう、ビニールテープで養生してそーっとオイルシールをシフトシャフトに押し込んでいく。



根元まで入ったところでスペーサと使いつつ、斜めにならないように少しずつオイルシールをベースに叩き込んで完成。



しばらく様子を見てオイル漏れしないことを祈ることにしよう。駄目なら次回、シフトシャフト交換か?!げっそり。。。

ニュートラルスイッチは、ひとまず掃除してみて、皿ねじが止めてある切れ込みのようなものはどうも元からついているもののように見えるので、オイル漏れしてないし今回は交換を見送った。今回手に入れた物とかなり形が違うんだよね。あの切れ込みのようなものはいったいなんだろう?



あわせて、プッシュロッドのオイルシールも交換する。
オイルシールに木ねじをねじ込んですぽっと抜いて、同じように新しいシールにグリスをつけて斜めにならないようにベースに打ち込んで完了。



プッシュロッドも新しいものに交換する。古いロッドを見ると、やはりオイルシールが当たっていた部分がばっちり磨耗していた。新しいロッドにグリスをぬりぬりして、おまじないになるかわからぬが、ゾイルスプレーしてから組みつけてみた。長持ちしますように。。。

ついでに、気になっていたところをメンテナンスしてみる。
左側のリードバルブをつけているガスケットが内側からにじんだ燃料でしっとりしていた。もしかしたら、隙間があって2次エアをすっているとこまるので、キャブレターをとりはずしてリードバルブASSYを留めるネジを閉めなおしてみた。

もうひとつ、フロントフェンダーを元々ついていたものに戻してみる。ヤフオクで手に入れたフェンダーを塗りなおしてつけていたんだけど、赤系のフェンダーでTZぽくなってかっこよくなるかと思ってみたんだが、朱色ぽい色はちょっといまいちなのでそのうち塗りなおすことにしてひとまず元の白いフェンダーにする。

さて、この時点でシフトシャフトのオイルシールにじみは見られないので、クランクケースを戻して、今までできなかったプッシュロッド側のクラッチ調整をば。
クラッチレバーの調整を一番ゆるい状態にしておいて、プッシュロッドを押すネジを締めこんで1/4だけ戻してロックナットで固定。これでよし。

さて、一段落したのでエンジンを始動してみよう。
キーをONにしてガソリンコックを開き、スタータを引っ張ってキックをがしがし・・・・
あれっ?エンジンがかかりましぇーん。なんでなんで??

いつもなら、10回もキックすればかかるのに、うっかりキルスイッチを切っていないか、スタータを戻したりひっぱったりしながらキックしてみたり、でもエンジンかかる気配なし。。
なんかやっちゃった?!それとも、しばらくエンジンかけないで放置してたから、キャブレターのジェットが目詰まりしたか!?憂鬱な気分になりながら、一服。

もう一度、エンジン始動を試みて、駄目だししてから、キャブレターの取り外しをしてみる。左側のキャブをはずしてみると、なんか変。スロットルバルブが降りてなくて、キャブの中、向こうまで丸見えだし。はい、失敗発見。スロットルバルブの組み付けを前後逆にしてました。

正しく組み付けて、再度エンジンをかけてみる。だがしかし・・・・エンジン始動せず。なんでなんで??

キャブの覗き窓をみると、アクセル全開にして見えるはずのマーカが、右側は見えるのに左側は見えないし。もう一度、左側のキャブを取り外して、アクセルを開いたり閉じたりしながら、なぜスロットルバルブが上がりきらないか試行錯誤。どういうわけかアクセルワイヤの引きしろがたりないような感じ。アジャスタ調整して窓にマーカが見えるようにしてみると、今度はアクセル全閉のときに隙間がものすごくできてるし。
スロットルバルブを逆着けした時に、アクセルワイヤに変な負荷をかけてしまっておかしくしちゃったか?へんな冷や汗をかきながら、とりあえず右側のキャブもとりはずして、アクセルワイヤをいじってみたりして、再度組んでみる。
するとなぜか、アクセル全開でマーカが見えるように復活しているし。いったいなにが悪さしていたんだろう??

わけがわからぬが、復活したので再度エンジン始動を試みる。これで駄目ならキャブばらしてオーバーホールしよう。
んで、キーオンしてキック数回、エンジンかかりました。よかったよう、ううぅぅ・・・近所を一回り走ってから、ギアオイルを足して作業終了。

思いがけず、エンジンがかからなくって余計な作業が発生したりして、非常に疲れたひさびさのメンテナンスでした。

右足のふくらはぎ、キックのし過ぎで筋肉痛発生・・・

関連記事
スポンサーサイト
    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags: RZ250 メンテナンス オイル漏れ キャブレター

  1. 2010/07/10(土) 19:51:13|
  2. バイクのこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoon.blog13.fc2.com/tb.php/669-6734fcab

    人気ブログランキングに参加してます


    にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
    にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
    1日1回↑ポチっとしてちょ~♪
03月 « 2017年04月 » 05月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

News Topix

Wether


-天気予報コム- -FC2-

Profile

やまもんき

  • Author: やまもんき
  • 社会人やりながら通信制大学で心理学の勉強をしてました。今年はのんびり過ごします。
    近頃、家族療法とか短期療法が面白くなってます。

    バイク乗ってます。ウクレレ好きです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。