FC2ブログ

地域で子育て:できるといいですね

政府「子どもと家族を応援する日本重点戦略検討会議」の地域・家族の再生分科会の中間報告に気になることが・・・

少子化対策:地域で子育てを…分科会が中間報告
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070523k0000m010150000c.html

少子化対策を検討する政府の「子どもと家族を応援する日本重点戦略検討会議」の地域・家族の再生分科会は22日、地域が子育てをする家族への支援体制をとるよう求めた中間報告をまとめた。子育て家庭への「全戸訪問」や、専業主婦らも活用できる児童の「一時預かり」など、地域が主体となり支援策を拡充する重要性を指摘。出産後も働き続ける女性の増加を想定し、短時間保育や夜間・休日、病児、病後の子どもの保育など、3歳未満児への保育サービス重視も訴えている。

 これで同会議の4分科会の中間報告はすべて出そろった。政府は中間報告を基に総合的な少子化対策をまとめ、6月に決める骨太の方針に盛り込む。

毎日新聞 2007年5月22日 23時25分



「専業主婦らも活用できる児童の「一時預かり」など」って実現するとかなりうれしいかも?!


専業主婦の場合とか、共働きでも「一時預かり」したいときって結構あったりしませんか?

同居や実家が近所だったりすれば、この点はあまり問題にならないんだけど、実家の遠い核家族だとかなりネックです。

例えば、兄弟のどちらかが風邪をひいちゃって、二人とも医者に連れて行くと余計な風邪をもらってくるかもしれないし、元気な子が病院で騒ぐと大変だからどうしよう?
なんて時は、結局、会社のフレックスを使って片方の親が子守り、もう片方の親が病院へなんてことで対応してます。

確かに、保育所の一時預かりや街のファミリーサポートを利用できたりするんだけど、こういった急な話だと予約してないから利用しそびれちゃうんですよ。

また、週末とかで両親それぞれがはずせない用事ができてしまったとき
とか、はたまた、いつも子どもと過ごしてるからたまには夫婦でデートしたいなんてことを思っても、預ける先がないから子どもが大きくなるまではあきらめるしかない。仕方がないことかもしれないけど、こういったちょっとしたリフレッシュでまた元気に子育てできるってこともあると思うので大事なんじゃないかなー。

でも、1日預けると金額がそれなりになってしまうのでついつい使うのをためらってしまう。

なので、
”専業主婦らも活用できる児童の「一時預かり」”ってのはうまく実現できればすごく喜ばれるんじゃないかと思います。

ポイントは金額と利用しやすさ。そしてなにより、子どもを預けることに対する安心感。


んで、ちょっとくだらないことを考えました。
実現できるかはともかく、いろいろ考えることが大切なので^^;

地域で施設を作ったり、スタッフを雇ったりするとどうしてもそれなりの費用が発生します。もちろん国や自治体がお金を補助することでいくらか安くできるかもしれないけど、長い目で見たら現実的じゃなくなっていくかも。
それに、こういった一時預かりは「ファミリーサポート」などすでにあるものとさほど変わらないので目新しさもないし、子育てファミリーのニーズにマッチしないかもしれないです。(金額面などで)


そこで、利用できるリソースはないものかと考えると・・・
核家族のお年寄りがいるじゃないですか。

お年寄り=子育て家族をつなぐ橋渡しを地域で活性化させていくことで、相互にいい交流を作りつつ、一時預かりだったり、お年寄りの介助だったりをお金をかけずに実現できるんじゃないかと思います。

ポイントはきっかけ作りとお互いの負担軽減。

これまでのご近所づきあいだとお年寄りと若い家族との接点ってほとんどなかったと思うんです。でも例えば、出産時のママさん教室や育児サークルなどに老人会など地域のお年寄りに顔を出してもらう仕組みを作ってみたり、逆に老人会のイベントへ子どもと一緒に参加する機会を作ってみれば、自然と地域のお年寄りと若い家族が交流できるようになっていくと思います。そんなに難しい話じゃない。

ただ難しいのは互いの負担を小さくすること。両者が仲良くなったからといって、子どもを預けたり、はたまたお年寄りの買い物を手伝ったりなんてことをお互いに気軽に頼めるようになるのとは、また話が違うってこともありえるわけで、実の親子だったら頼めても他人だとなかなか難しい。

この点は、役所など地域が中心となって両者になにがしかの保障と互助の推進を担ってもらう必要があるかと思います。
例えば、互助プログラム利用の規約を作成し、それを了解したお年寄りおよび家族は子どもを預けることができるし、またお年寄りのヘルプも受け持つプログラムに参加できるようになる。そして、規約に反した場合には条例により罰則を与える。なんて感じでしょうか。

お互いの善意によって成り立つ互助なので、本来こんなことを決める必要もないんだろうけど、それぞれの思惑が食い違って揉め事の原因になってしまうんじゃ本末顛倒なので決まりは必要かなと。
そして、プログラム化することで利用することへの遠慮が減るのではないかとも思います。いかがでしょう?

これを実現するためのリソースは、すでに地域にある(お年寄りと若い家族)ので、うまい仕組みづくりと地域の役所なりNPOなりによるコントロールがしっかりできればお金はほとんどかからずに、地域活性化と子育て支援ができるんではないかと思います。

実現したらおもしろいんだけどな~。みなさんはどう思いますか?

世界に学ぼう!子育て支援―デンマーク・スウェーデン・フランス・ニュージーランド・カナダ・アメリカに見る子育て環境世界に学ぼう!子育て支援―デンマーク・スウェーデン・フランス・ニュージーランド・カナダ・アメリカに見る子育て環境
汐見 稔幸 大枝 桂子

フレーベル館 2003-08
売り上げランキング : 21621
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


社会で子どもを育てる―子育て支援都市トロントの発想社会で子どもを育てる―子育て支援都市トロントの発想
武田 信子

平凡社 2002-11
売り上げランキング : 9977
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


子育てしやすい社会―保育・家庭・職場をめぐる育児支援策子育てしやすい社会―保育・家庭・職場をめぐる育児支援策
前田 正子

ミネルヴァ書房 2004-04
売り上げランキング : 213581
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


子育ては、「遠くの実家より、地域の知り合い」ってなればいいですね。
関連記事
スポンサーサイト



    ぽちっとワンクリックしてくれるとはげみになります→  ブログランキング・にほんブログ村へ

    tags:

  1. 2007/05/23(水) 02:33:18|
  2. systemic view|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

似たようなものが

立川にはあるけど。
相互援助ではないけれど、
援助者と雇用者がそれぞれ登録しておいて、
1時間600円前後で預かってくれるというもの。
でも事前予約とかキャンセルとかすると
やっぱいけないみたいで。
なかなか難しいかな。とも思う。
子供は急に熱を出したりするし、
即支援してくれる。とかはないだろうし。
でも無いよりはいいのかな。
需要と供給はうまくいってるのだろーか?

相互プログラムはおもしろいかもしれない。
親が近くにいないと、親世代の人とはなかなか
話す機会はないから。
地域の交流っていいかも。
顔見知りの子供が何かあぶない状況にいたら、
何らかの手段を使って援助しようという気持ち
がはたらいたりもするから、子供の安全にも
つながるのかな。
  1. 2007/05/23(水) 16:44:16 |
  2. URL |
  3. サミー #-
  4. [ 編集]

Re:似たようなものが

サミーさん、こんにちは。

>援助者と雇用者がそれぞれ登録しておいて、
>1時間600円前後で預かってくれるというもの。

うちの近所ではファミリーサポートなんて名前で活動されてます。これはこれで意義がありますよね。でも、新たに提言するならばこれを超えるメリットが必要かと思い、「互助プログラム」を考えてみました。

地域のお年寄りと若い家族を結びつけるというのがミソ。

お互い助け合いという以外にも、サミーさんがおっしゃるように地域の連帯感が高まるので子どもを守ることや地域防災にも役立つんじゃないかなって思います。

要は古き良き近所づきあいを復活できればいいなってところなんですが。

  1. 2007/05/23(水) 20:31:47 |
  2. URL |
  3. やまもんき #34bJot8k
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoon.blog13.fc2.com/tb.php/82-dd507db8

    人気ブログランキングに参加してます


    にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
    にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
    1日1回↑ポチっとしてちょ~♪
08月 « 2019年09月 » 10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

News Topix

Wether


-天気予報コム- -FC2-

Profile

やまもんき

  • Author: やまもんき
  • 社会人やりながら通信制大学で心理学の勉強をしてました。今年はのんびり過ごします。
    近頃、家族療法とか短期療法が面白くなってます。

    バイク乗ってます。ウクレレ好きです♪